かわいくなろう。きれいになろう。資格を取ろう。

ビューティー資格ナビ> フードコーディネーターガイド

フードコーディネーターの講座料金を一覧比較

  • 食ビジネスの全般においてのデザイン、演出を行う仕事 フードコーディネーター
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

フードコーディネーターとは

フードコーディネーターは、食のスペシャリストとして調理や栄養の専門知識をもっています。新メニューの開発や食品メーカーの新商品の開発を行ったり、テレビの料理番組や雑誌の料理ページなどの制作時に、メニュー企画からテーブルセッティングまでを担当するなど、食に関するビジネス全般の仕事をします

フードコーディネーターの資格を取得する

フードコーディネーターに関する資格は国家資格ではなく、 認定資格や民間資格になります。フードコーディネーターは日本フードコーディネーター協会が行う資格認定試験を受験するか、日本フードコーディネーター協会の認定校で所定の単位を修得すると、フードコーディネーターの3級試験が免除になります。 各認定団体によりさまざまな資格があるので、自分の目的にあわせてコース・資格を選びましょう。

フードコーディネーターの仕事に就く

フードコーディネーターの資格を取ると、テレビや雑誌などのメディアをはじめ、食品会社やレストラン、ホテルなど 活躍の場は様々です。実力があれば誰でも仕事をすることができますが、アシスタントとして経験を積んだ後、フリーとして独立することも可能です。

フードコーディネーターの他に 「食育アドバイザー」の資格情報をご覧になれます。

フードコーディネーター試験・資格データ

フードコーディネーター資格認定試験

合格率 3級:非公開
2級(1次):75.78%(2015年)
2級(2次):35.40%(2014年)
1級(1次):35.1%(2014年)
1級(2次):44.4%(2014年)
受験資格 3級:中学校卒業以上
2級:フードコーディネーター3級資格認定登録者
1級:フードコーディネーター2級資格認定登録者(取得分野に限る)
取得方法 フードコーディネーター資格認定試験各級合格後、認定登録手続きを行うと取得出来ます。合格者には「フードコーディネーター○級資格」の称号が与えられます。
試験内容 3級:
  • マークシート方式
  • 「文化」「科学」「デザイン・アート」「経済・経営」全4科目
2級(1次試験):
  • マークシート方式
  • 「レストランプロデュース」(40分)
  • 「食の商品開発」「食の生産・流通・消費」(80分)
  • 「ホスピタリティ&ライフサポート」「食のイベント・メディア」(80分)
2級(2次試験):
  • 記述式
  • 「レストランプロデュース」、「食の商品開発」、「食のイベント・メディア」の3分野のうち、1分野を選択
  • 制限時間150分
1級:
  • 1次試験:書類審査、2次試験:面接試験
合格ライン 非公開
受付期間 3級:8月初旬まで
2級(1次):4月初旬まで
2級(2次):8月中旬まで
1級(1次):8月下旬まで
1級(2次):9月月下旬まで
試験日 3級:11月上旬
2級(1次):7月上旬
2級(2次):8月下旬
1級(1次):9月上旬
1級(2次):2月
受験料 3級:11,000円
2級(1次):11,000円
2級(2次):14,000円
1級(1次):12,000円
1級(2次):16,000円
問合せ先 特定非営利活動法人日本フードコーディネーター協会
〒112-0004
東京都文京区後楽2-2-21 飯田橋ISビル4F・5F
自分にぴったりの美容スクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
自分にぴったりの美容スクールを選ぶには資料が必要な5つの理由自分にぴったりの美容スクールを選ぶには資料が必要な5つの理由

「フードコーディネーター」関連商品の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容・癒し系資格講座一覧

新着記事

掲載スクール一覧