かわいくなろう。きれいになろう。資格を取ろう。

ビューティー資格ナビ> ヘアメイクガイド

全国のヘアメイクスクールを一覧比較

  • 美容師・着付け・ブライダル業界・テレビ業界など、活躍の場が多数! ヘアメイク
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

ヘアメイクの資格を取るメリット

ヘアメイクの資格では、ヘアセットとメイクの両方の技術を習得できます。ヘアメイクの資格は国家資格ではないので、直接就職に結びつくというわけではありません。しかし、本格的なヘアメイクアーティストとして活躍するためには、ヘアメイクに関する知識を筆頭に、皮膚科学や髪に関する専門的な知識、着付けやネイルなど、様々なスキルを総合的に取得していなければなりません。そのため、資格の勉強を通してきちんとした基礎固めをしておくことが、プロとして働く上で、何よりも大切なワンステップとなるのです

現代のメイク業界において、ヘアとメイクは切っても切れないマストスキルとなりました。お客様の思い描くイメージをトータルにコーディネイトするヘアメイクアーティストの仕事は、まさに華々しい舞台における芸術家! 誰もが一度は憧れる仕事のひとつとなっています。

テレビ・映画の出演者を美しく魅せる―ヘアメイク業界で働ける

ヘアメイクの資格を取得すると、ファッション広告関係を中心に、雑誌の撮影や舞台・映画の出演者のヘアスタイリングとメイクアップを務めることができます。その仕事柄、モデルや芸能人にメイクを施すこともあるので、若い女性を中心に人気を集めている仕事です。
動画広告が売上を大きく左右する現代、ビジュアルを巧みに利用したプロモーションは、日に日に存在感を増すばかり。そんな中、スタイリングとメイクアップを同時に手がけ、出演者のコンセプトを統一できるヘアメイクアーティストは、今後も切実に求められ続けることでしょう

イベントや行事で大活躍!―ビューティービジネス業界で働ける

ヘアメイクの資格が活かせる場所は、上記のような芸能業界だけではありません。化粧品売り場やブライダルサロン、撮影スタジオなどにおいて、ヘアメイクを施す仕事にも繋がる、というメリットがあります。成人式や結婚式など、一生に一度しかない特別なイベントに関わることができるので、やりがいと責任感に満ちた重要な仕事です。また、大規模なイベントが話題を集める昨今、ハロウィンなどの行事でコスプレを楽しむ風潮も広まりました。

すでに働いている人のスキルアップにも最適!

さらに、すでに美容師資格を持っている人や、メイクアップアーティストとして活躍している人にも、ヘアメイクの資格はおすすめです。ヘアスタイルの専門家はメイクを、メイクの専門家はヘアスタイルの技術をそれぞれ強化することで、いっそう世の中のニーズに応えられるようになるでしょう。その他、日常のオシャレに取り入れたい人や、化粧品を使ったアドバイスをしたい人にも役立ちます。

あなたもヘアメイクの資格を通して、これからの美容業界を一望してみませんか?

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

ヘアメイクの仕事をするには

決まった資格がないからこそ、ヘアメイクアーティストへの道のりはまさに十人十色。美容師の国家資格を取得した人もいれば、アシスタントとしての実務経験を優先させた人もいます。
ここでは、ヘアメイクアーティストになるまでの一般的なルートについてご紹介しましょう。

ステップ1 ヘアメイクのスクールで基礎を学ぶ

まず、ヘアメイクの基本的な技術と知識を習得するため、ヘアメイクスクールや養成学校などで講座を受講します。シチュエーションに応じて、お客様の求めるイメージを形にすることは容易ではありません。こんなとき、ヘアメイクスクールの通学講座を受講すれば、プロのヘアメイクアーティストから直接学ぶことができ、現場の雰囲気や最新のトレンドを知ることが可能なのです。

ステップ2 ヘアメイクの資格を取る

ヘアメイクのスクールに通いながら、各種検定団体が設けている認定試験を受験します。スクールで講座を受講すれば、試験対策の重要ポイントもしっかり教えてもらえるので安心です。約2ヵ月程度の短期のコースから、2年間をかけてしっかり学べるコースまでありますので、自分の目的とライフスタイルに合ったスクールや講座を選びましょう。

ステップ3 ヘアメイクアーティストとして就職!

上記の2段階を経て資格を取得したら、いよいよ就職試験に臨みます。
芸能業界のヘアメイクアーティストになるなら、まずはヘアメイク事務所やプロダクションへの所属を目指します。入社後の2~4年間はアシスタントとして働き、現場経験を積んでからプロデビューするのが一般的。仕事に慣れてきたら、お客様から指名されるトップアーティストになったり、フリーランスとして独立する可能性も出て来るでしょう。夢が広がりますね。
また、初めは一般的なサロンに就職しても、その即戦力を買われて、テレビや雑誌業界を担当するヘアメイク事務所へ転職できることがあります。長期間仕事に携われば、マネージャーやチーフとしてのキャリアアップも見込めますよ。地道な努力を惜しまず、目標のために一歩ずつ進んでいく姿勢が大切です。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

ヘアメイクの資格についてもっと詳しく

日本メイクアップ技術検定試験(一般社団法人JMA 日本メイクアップ技術検定協会)

国内外で活躍できるヘアメイクアーティストを目指す人におすすめです。
「日本メイクアップ技術検定試験公式テキスト」に基づいて行われるこの試験は、ベースメイクを中心とした3級から始まり、フルメイクを判定する1級まで用意されています。
難易度の高い級を取得するためには、それよりひとつ下の級に合格していなければならず、同時受験は3級と2級のみ可能です。なお、筆記試験はありません。

MSOJメイクアップ検定(日本メイクアップ連盟)

メイクの基礎をしっかりと身につけたい人におすすめの資格です。
一般向けの3~2級と、プロとして活躍するための1級、そして認定講師の4段階に区分されています。
国籍、年齢に関わらず誰でも受験することができますが、2つの級の同時受験や飛び級はできません。資格を取得するためには、MSOJが認定する加盟校に入学し、規定時間の講習を受ける必要があります。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験(IBF国際美容連盟)

TPOに合わせたメイクなど、実践を重視した試験内容で受験者の実力を測ります。
ニューヨークと東京に拠点を置く団体が主催する資格です。通常ライセンスに加えてインストラクターライセンスが用意されており、どちらも実技・筆記試験の両方が行われます。受験資格を獲得するには、IBFが指定する各スクールにおいて、所定のカリキュラムを修了する必要があります。

憧れのヘアメイクアーティストまであと一歩! まずは資料請求から始めよう

日常にさりげなく溶け込んでいる写真広告から、一生に一度しかない大切なイベントまで……ヘアメイクアーティストは、文字通り「アーティスト」として、今日も人々の生活に華を添えています。「美」の最先端に触れ、作り上げた作品が評価されたときの感動は、何にも代えがたい喜びとなるでしょう。しかしその裏側には、流行に対する敏感なアンテナと、出演者を和ませるコミニュケーション能力が不可欠です。
美容業界において押さえておきたい、さまざまな要素を学習できるヘアメイク資格。あなたも憧れの仕事を目指して学んでみませんか? ぜひスクールの価格を比較して、資料請求をしてみましょう。

自分にぴったりの美容スクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
自分にぴったりの美容スクールを選ぶには資料が必要な5つの理由自分にぴったりの美容スクールを選ぶには資料が必要な5つの理由

「ヘアメイク」関連商品の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘアメイクガイド

新着記事

掲載スクール一覧