かわいくなろう。きれいになろう。資格を取ろう。

ビューティー資格ナビ> ネイルガイド> 2017年の秋・冬は華やかに!ネイルトレンドテーマが発表されました。

2017年の秋・冬は華やかに!ネイルトレンドテーマが発表されました。

Nail Expo Trend17 Aw
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

世界のネイルグッズから最新のテクニック、ネイルビジネス必須の情報が飛び交う東京ネイルフォーラム2017。開催2日目にあたる5月16日、最先端のネイルトレンドがつかめる『TOKYO NAILS COLLECTION 2017 A/W』が開催されました。
2017年秋・冬シーズンのキーカラーは、女性ならば誰でも胸をときめかせる「Pink」。洗練されたネイルアートとファッションが融合する、夢のような祭典でした。

トレンドをデザインした10名のアーティストたち


写真提供/NPO法人 日本ネイリスト協会

はじめに、JNAトレンドプロジェクトによって2017年秋冬のネイルトレンドテーマが発表されました。発表されたテーマは「はじけるPINK」。その後、「はじけるPINK」のテーマにもとづき作品を作り上げた10名のトップネイリストが壇上に登場。そのネイルアート作品が紹介される中、南明奈さんを中心とする5名のネイルモデルたちがステージ上をランウェイしました。

メインテーマ「はじけるPINK」

「ピンク」――それは、女性らしい魅力を最大限に引き出してくれる特別な色。女性らしいセンシュアルな酔いも、子供らしい無邪気さも秘めた魔法の色は、いつの時代でも女性たちに変わらぬ魅力を運び続けてきました。
指先でピンクが弾けた時、それは私たちに何かがはじまる予感を与えます。ネイリストにしか表現できない、新たな「Pink」のストーリーが誕生する瞬間です。

「はじけるPINK」を表現する4つのスタイル

さまざまなネイルスタイルと同時に、テーマとリンクしたファッションが楽しめる『トータルビューティー』の要素もネイルトレンドショーの魅力のひとつ。言葉遊びのような4つのテーマは、実際にネイルとして具現化するとどのように表現されるのか――鮮やかなスポットライトの下に注目が集まります。

もう一度ピンク

「もう一度、ピンクに戻ってみない?」
シックな懐かしさを与えるレトロな色使いで、過去に立ち返り落ち着いた雰囲気を醸し出します。コーラルピンクやサーモンピンク、オレンジを取り混ぜることで、人肌によく馴染み、お仕事の場でも華美になりすぎず楽しむことができます。


写真提供/NPO法人 日本ネイリスト協会  画像左:Creative/画像右:Arrange

Creativeデザイン

アーティスティックなフラワーのアートと、秋冬ならではの暖かいグレーが、繊細な華やかさを生み出すデザイン。

Arrangeデザイン

ショートネイルによく合うスクエアモチーフのタイルネイル。慎ましいラメと洗練されたおしゃれ感が煌めくデザインです。

やっぱりピンク

「やっぱり、ピンクだよね」
『息をのむほど美しいノーブル』がテーマ。これを表現する上で決して外せないのが、古来より日本人の心に息づくパールです。ベージュピンクやミルキーピンク、ベビーピンクなどのクリーミィなピンクは、シックな美しさの中に愛らしさを潜ませ、やさしさの中にも品格がある。どんな世代の女性がまとっても愛される、日常的に使いやすいベーシックな色合いです。


写真提供/NPO法人 日本ネイリスト協会  画像左:Creative/画像右:Arrange

Creativeデザイン

プリンセスの気品ただようエレガンスなネイル。まるで花弁のようにパールが散りばめられています。

Arrangeデザイン

カラフルなストーンとの対比により、ピンクのやわらかさがいっそう際立つデザイン。

もっとピンク

「まだ足りない、もっとピンク!」

彩度の高い色合いで強気に攻める、アグレッシヴさが人気のデザインです。ワンランク上の冒険を楽しむことで、心の底からワクワクしてもらいたいという気持ちが表れています。可愛らしさの代表・ピンクと大人っぽさの代表・ブラックは極めて相性がよく、さらに差し色のゴールドによっていっそう引き立つところもポイント。アーティフィシャルネイルで一際映えるスタイルであると言えるでしょう。


写真提供/NPO法人 日本ネイリスト協会  画像左:Creative/画像右:Arrange

Creativeデザイン

針金を模したアートと硬質なメタルパーツ。ピンクの持つビビットな魅力が鋭利に輝くデザイン。

Arrangeデザイン

丸ホログラムで花のモチーフを作成。ブラックとのコントラストが鮮やかなファッショナブルネイル。

あえてピンク

「ここで、あえてのピンクを」
賑やかさ、意外性、未来感、遊び心のあるピンクがテーマ。質感のあるピンクでキュートな一面を表現する一方、近年登場した新しい素材をふんだんに取り入れ、鑑賞する側を飽きさせないボリューム感のある仕上がりとなっています。10本の指ひとつひとつに異なる質感や自由なディティールを取り入れ、お客様だけでなくネイリスト自身も楽しむことがコンセプトになっています。


写真提供/NPO法人 日本ネイリスト協会  画像左:Creative/画像右:Arrange

Creativeデザイン

バリエーション豊かなモチーフと質感が共存。少女の夢を詰め込んだ宝箱のような3Dネイル。

Arrangeデザイン

ツルツルとしたパールピンクとふわふわのベルベット。冬らしい手触りを取り入れた独創的なネイル。

「はじけるPINK」イメージキャラクター・南明奈さんのコメント

「TOKYO NAILS COLLECTION 2017 A/W」終了後、別室にて南明奈さんのインタビューが行われました。

南さんは10代のころからネイルをされていますが、南さんにとってネイルとは何でしょうか?

あって当たり前というか、必要不可欠なものですね! ネイルをしていないと、なんとなく気持ちが上がらないんです

こんな場面にはこういうネイル、と自分の中で決めていることなどはありますか?

例えばトークショーの場合でしたら、お客様にネイルの魅力に気づいてほしいので、大きいパーツやキラキラしたものをつけることが多いです

オフの時のネイルはどうしていますか?

撮影のときは作り込んだネイルチップをつけていることが多いですが、イベントごとに取り替えるのは難しいので、普段使いのスカルプをつけていることが多いですね。ネイルはつけていても何でもできるんですよ

終わりに

春・夏のトレンドとして頻繁に登場するピンクですが、今年は秋・冬のトレンドということで驚いた方も多かったのではないでしょうか。「Pink」は女性なら誰しも好む、いわば「おしゃれの原点」とも言うべきスタンダードカラーです。色調によって人々をワクワクさせたり、やさしい気持ちにさせたり、同じ「Pink」でもさまざまな表情を見せることができます。2017年の秋冬は、指先をあなたらしい「Pink」で着飾ってみませんか?

ネイル業界の繁栄とはすなわち、ネイルサロン1店舗1店舗の繁栄によって成り立つもの。こうしたJNAトレンドプロジェクトによる思いから、お客様に愛される「Pink」が今年のテーマカラーに選ばれました。ネイルサロンで丁寧に爪のお手入れを行えば、カラーリングを行わずとも、自然と指先は愛らしいナチュラルピンクに染まるものです。今回のテーマは、ハンドケアに対する取り組みの重要性をも示唆していると言えるでしょう。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイルガイド

新着記事