かわいくなろう。きれいになろう。資格を取ろう。

ビューティー資格ナビ> アロマテラピーガイド

アナタに合ったアロマテラピーの資格講座が見つかる!

  • 植物から抽出した精油の香りを健康や美容に役立てる自然療法 アロマテラピー
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

目次

アロテラピーとは?

アロマテラピーとは、植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)で、人々の心身を整え、健康や美容に役立てる自然療法です。
アロマテラピーに期待されていることにはさまざまなことがありますが、エッセンシャルオイルが脳や皮膚に働きかけ、リラックス効果や美肌、睡眠の質の改善、更年期障害の改善などについての研究が報告されています。

エッセンシャルオイルは100%天然の素材で作られているので、適正にエッセンシャルオイルの濃度を薄めて使用すれば、肌につけることが可能です。ホホバオイルなどのベースオイルにエッセンシャルオイルを配合したものなどを使用して、オイルトリートメントやスキンケアに使用することが一般的です。
一方、アロマオイルはアルコールや人工香料などが配合されているので、一般的には肌につけることはできません。アロマランプやディフューザーなどに適量を垂らし、香り成分で心身の不調にアプローチします。

このようにエッセンシャルオイルやアロマオイルなどを使用し、アロマテラピーを施術する人をアロマセラピストと言います。
アロマテラピー検定など、アロマセラピストの資格を取得する人は年々増加しており、人々の暮らしに浸透しています。

参考:アロマテラピーとは 公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)

アロマセラピストの仕事内容

アロマセラピストには以下のような仕事内容があります。

  • コンサルテーション
  • アロマテラピートリートメント
  • 顧客管理
  • 広告・店舗運営
  • 雑務(清掃・洗濯・洗い物)

コンサルテーション

アロマテラピーを行う場合は、お客様から既往歴やアレルギー、服用している薬、不調の様子、お客様の希望などをヒアリングし、現在の状態を確認します。
確認後、お客様に使用するエッセンシャルオイルやトリートメント方法などについて説明を行い、どのように施術していくかを決めていきます。
コンサルテーションは、お客様の満足度を得るだけでなく、安全面を確保する上でも必要な仕事です。

アロマテラピートリートメント

アロマテラピートリートメントは、アロマセラピストの仕事としてはメインとなる仕事です。
アロマテラピートリートメントでは、お客様の不調や要望にアプローチするよう、エッセンシャルオイルを使用し、身体や顔、手などにトリートメントを行います。

顧客管理

お客様が記入した問診票(コンサルテーションシートなど)を管理します。
手書きの問診票をカルテとして、データ化する場合もあります。お客様の特徴を把握し、信頼関係を築いていくためにも必要な仕事です。

店舗運営・広告

日々の売上など、収支計算や広告活動は大切な仕事です。前年との比較を行い、季節などの違いによって売上に増減がある場合は、それに応じた対応が必要です。
広告の内容は、1回の施術時間・施術料、アプローチできる不調の内容などを明記しておくとお客様に分かりやすくて親切です。
最近はSNSでの宣伝も効果的ですが、地域の特徴に合わせ、どのように周知させるか宣伝方法を選択することも重要です。

雑務

アロマテラピーを行う際には、お客様にハーブティーなどの飲み物を出し、施術着に着替えてもらうサロンがあります。
それらの片付けや洗濯などを行い、清潔な空間を保つために清掃なども行います。

アロマセラピストになるには?

アロマセラピストになるには、必須の国家資格などはありませんが、スクールで取得できる民間資格がいろいろあります。
アロマテラピーで使用するエッセンシャルオイルには使用上の注意点があり、使用する際には注意すべき対象者もいますので、アロマテラピーについて専門的なスクールで学び、資格を取得することで、アロマセラピストとしての信頼を得ることができます。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

アロマテラピーの資格の種類 アナタにピッタリの資格をさがしてみよう!

アロマテラピーの資格はたくさんあるって本当?

アロマテラピーの資格認定を行っている団体は、国内に数多くあります。
資格には家庭や個人のためにアロマテラピーを楽しむための初歩的な資格から、講師として働くための上級資格などがあります。

アナタの目的はどんなことでしょうか?

たくさんあるアロマテラピーの資格。
どんなアロマテラピーの資格がアナタにピッタリなのか探してみましょう!

アロマセラピストの人気資格 取得方法は?

資格名 合格率 おもな対象者
アロマテラピー検定
1・2級
90%程度 個人や家族にアロマテラピーを活用したい人向け
アロマコーディネーター 90%程度 家庭内から仕事として関わりたい人向け
アロマアドバイザー 90%程度 アロマテラピーを仕事としたい人向け
アロマセラピー
アドバイザー
スクールでの合格保証
100%
個人や家庭内およびアロマテラピーの仕事に携わっていきたい人向け

アロマテラピー検定 1・2級

AEAJ 主催のアロマテラピー検定の受験資格は、年齢・経験などの制限がなく、誰でも受験できる資格です。個人や家族にアロマテラピーを活用したい人向けの資格と言われています。
この資格は合格率が90%程度ですので、難易度としては比較的合格しやすい資格といえます。
ビューティー資格ナビの掲載スクールには、このアロマテラピー検定に対応した講座があります。通信講座なので、自分の好きな時間に学ぶことができます。

アロマテラピー検定1・2級【通信講座】
主催 公益社団法人日本アロマ環境協会〔AEAJ〕
受験料
(税込)
2級:6,600円、1級:6,600円、2級・1級併願:13,200円
試験方法 ・年2回
・正答率:80%
・選択回答方式(マークシート)
・インターネット試験

アロマテラピー検定についてくわしく知りたい方はこちら>>必見!アロマテラピー検定について

アロマコーディネーター

JAA主催のアロマコーディネーターを取得するには、直轄校または認定校で所定のカリキュラムを修了後、認定試験に合格する必要があります。
ビューティー資格ナビの掲載スクールでは、合格率90%以上を誇る資格なので、難易度から考えても取り組みやすい資格と言えます。

家庭内での利用を目的としたい人や、仕事としてアロマテラピーに関わりたい人までが目指せる資格です。

アロマコーディネーター【通学講座】
主催 日本アロマコーディネーター協会〔JAA〕
受験料 11,000円
試験方法 ・年3回
・在宅試験または会場受験
・理論試験(筆記及び択一式)と小論文(800字程度の課題作文)

アロマアドバイザー

NARD JAPAN主催のアロマアドバイザーを取得するには、認定校で所定のカリキュラムを修了後、認定試験に合格する必要があります。
ビューティー資格ナビの掲載スクールでは、合格率90%以上を誇る資格なので、難易度から考えても取り組みやすい資格です。

この資格は、メディカルアルマの基礎・応用学習をしたい人に最適です。
アロマテラピーを仕事としたい人にオススメです。

アロマアドバイザー(ナード・アロマテラピー協会【通学講座】
主催 NARD JAPAN
受講料 認定校により異なる
試験方法 認定試験

アロマセラピーアドバイザー

IHTA主催のアロマセラピーアドバイザーを取得するには、認定校や指定校で所定のカリキュラムを修了後、認定試験に合格する必要があります。
ビューティー資格ナビの掲載スクールでは、資格取得を100%保証していますので、安心して挑戦することができる資格です。

この資格はIHTA主催のアロマ資格の中では、基礎的な資格です。
自分自身や家族のために施術したい人や今後、アロマテラピーの仕事に携わっていきたい人向けの資格として取得されています。

アロマセラピーアドバイザー【通学講座】
一般社団法人 国際ホリスティックセラピー協会〔IHTA〕
受講料 認定校により異なる
試験方法 認定試験

このようにアロマテラピーの資格は、アロマの仕事に就きたい人から趣味で楽しみたい人まで、さまざまな人を対象にしていることが分かりましたね!
そんな充実した講座の多いアロマセラピストですが、「アロマセラピストに向いている人」とは、どんな人なのでしょうか。

アロマセラピストに向いている人

  • アロマテラピーへの探究心がある人
  • コミュニケーション能力がある人
  • 心身ともに健康である人
  • インテリアなどのセンスがある人

アロマテラピーへの探究心がある人

アロマセラピストとしてお客様に施術するには、さまざまな症例に対応する能力が必要です。
エッセンシャルオイルにはさまざまな効能があると言われていますので、お客様の要望に応じたアプローチを行うためには、それらがどう作用していくのか探究心を持って携わる必要があります。

コミュニケーション能力がある人

アロマテラピーを取り入れたいお客様には、エッセンシャルオイルの効用やトリートメント方法などについてていねいな説明が必要です。
お客様が納得できるような施術を行うためにも、お客様の要望をよく聞き取り、お客様に応じたコミュニケーション能力を持っていることが大切です。

心身ともに健康である人

アロマセラピストとしてお客様の話を聞き、施術を行うためには、常に心身ともに健康でフラットな状態であることが求められます。
アロマセラピストとして働くには、「考え方に偏りがない」いわゆる先入観のない状態であることが理想的です。

インテリアなどのセンスがある人

アロマテラピーを取り入れたいお客様の中には、癒しを求めている人もいます。アロマテラピーを施術する場所は、清潔で心地よい空間でありたいものです。
一般的な自宅とは異なる想像力をかき立てられるような空間であれば、お客様も施術される時間を心地よく過ごしてくれることでしょう。

アロマセラピストの資格を取得する3つのメリット

  1. レベルの証明
  2. 就職に活用
  3. 日常生活に活用

レベルの証明

アロマセラピストには国家資格がないため、民間資格がレベルの証明になります。
アロマセラピストの資格を取得すると、どんなカリキュラムを学び、どんなレベルの能力があるのかが分かります。ステップアップしたいときには、次にどんな内容を学べば良いかも一目瞭然です。

就職に活用

資格を取得することで、アロマテラピーに関する仕事に就く近道になります。
アロマセラピストとして店舗などで仕事をしたい場合には、資格を持っていると履歴書に書くことができ、担当者にアピールすることができます。
個人で開業する場合には、資格取得は必須と言えるでしょう。

日常生活に活用

ストレスの多い現代では、「アロマを生活に取り入れてリフレッシュしたい!」「スクールでアロマセラピーの知識を身につけたい!」と思う人が増えています。
アロマテラピーはアロマセラピストとして仕事に役立てるだけでなく、生活を豊かにするためとして、自分のため、家族のためにも利用できます。
エッセンシャルオイルによる自然療法なので、安心して取り入れることができます。

このようにアロマセラピストの資格取得には、たくさんのメリットがあります。
アロマセラピストの資格を取得するには、スクールで学ぶことが一般的です。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

アロマセラピストのスクール情報!

どんなスクール講座があるの?

スクールでは、アロマテラピーの知識やトリートメント技術などを学びます。
日常的にアロマテラピーを取り入れるための初歩資格から、仕事に生かせる上級資格まで幅広い講座があります。

アロマセラピストになりたい人のためのスクールの選び方

  • 受講料・支払い方
  • 受講期間
  • 受講方法(通信講座・通学講座)
  • 開講日(平日・土日)
  • カリキュラム・講師陣
  • アクセス
  • 就職サポート

受講料・支払い方

スクールの受講料は、受講しやすい価格から高めの講座まで幅があります。
ビューティー資格ナビでご紹介している講座でも、50,000円程度~850,000円程度と幅があるため、ローンで受講料を支払えるようになっているタイプの講座があります。
安心して気持ちよく学ぶためにも、受講料や支払い方はチェックしましょう!

受講期間

アロマセラピストになるために求めている学びの内容は、人によって異なります。
初歩資格を取得したい人、上級資格を取得したい人など、取得したい資格によっても受講期間は変わります
自分のスケジュールや将来の展望と合わせて受講期間を考えましょう。

受講方法(通信講座・通学講座)

アロマセラピストの場合、スクールに通学して学ぶ「通学講座」が一般的であると思われがちですが、「通信講座」のスクールもあります
社会人、主婦など普段から忙しい人やちょっと学んでみたい人には親切な受講方法です。

通学講座のスクールは、講師から直接知識を学ぶことが出来るので、認定試験で確実に合格点を取りたい人や、しっかり勉強したい人におすすめです。同じ志を持つ仲間もできるので、楽しく学ぶことができ、プライベートも充実します。
通信講座のスクールは、学校に通う時間がなく自分のペースで知識を学びたい人におすすめです。

開講日・時間(平日・土日)

通学講座のスクールの場合、通学日は選べるようになっており、平日だけの開講ではありません。
「週一回通いたい」「土曜日のみ通学する」など、忙しい人でも通えるように講座は設定されていますので、スケジュールに合わせて選択してください。

カリキュラム・講師陣

アロマセラピストになるためのスクールを選ぶとき、カリキュラムは言うまでもなく重要です。目標とするアロマセラピストになるために必要なカリキュラムと、熟練したスキルを持つ講師陣がいれば安心ですね。
現役のアロマセラピストとして活躍している人が講師になることもありますので、実際、目にするスキルやトーク術など学んでおくと今後、役に立つことでしょう。

アクセス

アロマテラピーをスクールの通学講座で学ぶ場合、「自宅から近い」などアクセスが便利な場所に立地したスクールを選ぶと、モチベーションが保ちやすいでしょう。

就職サポート

スクールで学ぶと担任講師がつくなどして、就職サポートを行っているところがあります。
提携企業などがあり、紹介してくれる場合もあります。
将来的に仕事として資格を取得したい人にとっては、魅力的なメリットです。

アロマテラピーの資格を取得した後は、アロマショップに就職したり、エステサロンやリフレクソロジーサロン、医療現場や介護施設などで働いたりする人がいます。
一方最近では、美容・福祉・医療系の仕事に就いている人が、プラスアルファのスキルとしてアロマテラピーの技術を修得する向きもあるようです。
アロマテラピーをさまざまな業種で役立てるためには、スクールでプロの講師に最新の技術を教えてもらうのが一番です。

「アロマセラピストとして仕事をしたい!」「アロマテラピーの資格を取得したい!」と思った方へ。そのためにまずはスクール選びですね!
迷っている方は、ひとまずビューティー資格ナビで、資料を請求してみましょう。資料はいくつ請求しても無料です。
アナタに合ったアロマの資格を見つけて、スクールで学んでみてくださいね!

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
自分にぴったりの美容スクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
自分にぴったりの美容スクールを選ぶには資料が必要な5つの理由自分にぴったりの美容スクールを選ぶには資料が必要な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アロマテラピーガイド

新着記事

掲載スクール一覧