かわいくなろう。きれいになろう。資格を取ろう。

ビューティー資格ナビ> 動物看護士・動物介護士

動物看護士・動物介護士の資格講座を一覧比較

  • 動物に関するさまざまな資格を学ぶ! 動物介護士、動物看護士
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

動物看護士と動物介護士の違い

ペットの健康に密接に関わる動物看護士と動物介護士。名称がよく似ているだけに、それぞれの資格の違いが気になっている人も多いのではないでしょうか?
動物看護士は、主に動物病院において獣医師の補助を行い、動物の病気や薬などに関する知識が求められる資格です。一方、動物介護士は近年成立したばかりの資格で、動物の高齢化についての知識を深めることで、今後の活躍に期待がかかっています。
それぞれの資格の特性をつかみ、あなたが目指す将来像に合わせて選択しましょう。

動物看護士

動物看護士とは?

動物看護士は、獣医師の診察・治療が円滑にできるように補助を行う仕事です。すなわち、受付業務やカルテの作成、診察・検査・手術の補佐、入院している動物の世話や掃除など、動物病院の運営に関するあらゆる仕事を担うことになります。また、ペットの飼い主と獣医師の間に立ち、症状をわかりやすく伝え不安を取り除くなど、コミュニケーション能力が求められる仕事でもあります。補助とはいえど重要な仕事が多く、薬の用意や後片付けまで幅広い技能が求められますので、やりがいの多い仕事といえるでしょう。

動物看護士ってどんなことを学ぶの?

ペットの身体の仕組みから、病状に応じた治療法まで、動物病院で働くことに直結する内容を学ぶことになります。動物の健康に関する知識はもちろんのこと、解剖生理学や内科学をはじめ、臨床検査学、微生物・寄生虫学など、バリエーション豊かな内容となっています。その他、応急処置や飼育方法に加えて、実際に動物を看護するための実技も学ぶことになります。

動物看護士の資格を取得する

動物看護士に国家資格はなく、すべて民間機関での取得となります。様々な団体が認定校を定めていますので、個々のカリキュラムを修了し、試験に合格することによって独自の資格が認定されます。ここで最も重要になってくるのがスクール選びです。現在は大学、短大、専門学校での取得が主流化していますが、通信制の講座でも取得することができます。中には実際に動物に触れることができる、スクーリング講座が含まれているカリキュラムもあります。

ニーズ拡大中の動物看護士、活躍の場は?

動物病院、ペットショップ、動物関連企業への就職などが目指せます。日本では空前のペットブームが進行しており、それにともなって動物病院の数もまた増加傾向にあります。病院の特徴も多様化しており、個人病院や大病院だけでなく、ペットホテルやサロンを併設する病院など様々ですので、勤務先の環境に合わせて柔軟に対応できる人材が求められています
また、プライベートでは自身の愛犬・愛猫の健康管理に役立てることもできるでしょう。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

動物介護士

動物介護士とは?

動物介護士資格は、老齢期を迎えるペットが元気に過ごせるように、必要な知識を学ぶ資格です。基本的な健康管理から、緊急時の看護と応急処置、しつけやグルーミング法など幅広い技能を身につけます。また、高齢ペットの飼育方法や発症しやすい病気、洗い方のコツなどといった、年老いたペットに関連する詳しい知識を習得できますので、家庭ではもちろん、ペット業界への就職や独立にも役立ちます。家族の一員として大切にされるペットが増える今、正しいケアの技能が切実に求められているのです。

動物介護士の将来性

ペット飼育率が飛躍的に上昇している昨今、正しい飼育方法や栄養価の高い餌が研究され、結果的にペットの平均寿命も大幅に延びることとなりました。とはいえ、ペットの老化は避けることができず、およそ10歳前後からペットの高齢化は進んでいきます。大切なペットと長く暮らすためには、体質変化への正しい対処方法が不可欠です。こうした時代背景を鑑みれば、動物介護士の資格が今後のペットビジネスにおいていかに重宝されるか、想像に難くないでしょう。

エキスパートだからこそ頼られる!動物介護士の活躍の場

動物病院、ペットシッター、ペットショップなどでの活躍が期待されます。その他、健康管理やお手入れ方法など、お客様から幅広い知識が求められるペットショップや、ドッグカフェ・猫カフェなどでも動物介護士の需要が増えています。
動物は人間と同じように、高齢になればなるほど体力が衰え、病気の発症率も高くなります。そのため動物病院では、こうした高齢のペットを治療する機会が、ますます増えることが予想されます。また、近年では旅行などで自宅を離れる際に、ペットの一時預かりサービスを利用する人もいます。前述した通り、高齢のペットには健康トラブルがつきものです。こうした時にペットシッターが動物介護士の資格を取得していると、飼い主も安心してペットを預けることができるでしょう。

動物介護士の資格を取得する

子育てや仕事で忙しい人でも、比較的簡単に取得できるところが動物介護士の魅力。通学時間の確保が難しい社会人でも、通信講座を利用すれば動物看護士よりも短時間で資格を取得することができます。動物看護士よりは多少分野は限られますが、それでもペットの健康や応急処置、病気の知識などもしっかりと学べますので、ペット業界でも強いアピール材料になりますよ。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
自分にぴったりの美容スクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
自分にぴったりの美容スクールを選ぶには資料が必要な5つの理由自分にぴったりの美容スクールを選ぶには資料が必要な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容・癒し系資格講座一覧

新着記事

掲載スクール一覧